広島 森田塾|異業種交流・研修会を通じた人材育成
moritajuku124021.gif
広島 森田 塾|異業種交流・研修会を通じた人材育成
moritajuku124019.jpg
森田塾とはへ
代表挨拶へ
塾生募集へ
問合せ・アクセスへ
塾生の声へ
今後の例会予定へ
講演・セミナー
参加者の声へ
moritajuku124018.gif moritajuku124017.gif moritajuku124016.gif moritajuku124015.gif moritajuku124014.gif moritajuku124013.gif moritajuku124012.gif
Morita Juku Copyright 2008-2012
moritajuku124010.jpg
これまでの例会へ
森田代表ブログへ
輝いて生きる
森田くんの
部屋へ
moritajuku124009.gif moritajuku124008.gif
TOPへ
moritajuku124007.gif
森田浩市著
「日本人の為の
成功哲學」へ
nihonjinno_seikou.jpg
中高校生の成功哲学
アマゾンで見る
モンテカルロHPへ
moritajuku124005.gif
森田浩市著
「中高校生の
成功哲学」へ
moritajuku124004.jpg bana-tyukousei.jpg
日本人の為の成功哲學
アマゾンで見る
bana-nihonjin.jpg
森田塾は青少年のキャリア教育を応援しています
carrier_education.jpg moritajuku124003.gif
講演会・研修会/セミナー参加者の声
学校・PTA向け 028
38)今日の話を聞いて、私は色々なことを考えました。一つ目は明るく生きるということです。森田さんは明るいときは、物事、物が見える。しかし、悩んでいるときは、物事、物が見えなくなるとおっしゃいました私は、その通りだと思いました。私は、部活で悩んだり、暗くなると物事が見えなくなり、勝手にあせって
チームの雰囲気を、だいなしにしてしまったことがあります。そして、考えすぎてミスをするということもありました。だから私は、森田さんが言った「何事も、楽しく、元気で」を これから部活でやっていきます。二つ目は、何事もやれば出来るという事です。これは頑張ろう、これは嫌い、などは全て自分の心です。この
嫌いなどは自分が勝手に決めているだけで、努力すれば出来るようになります。だから部活で上手になりたいと努力すれば、するほど上手になれます。私は嫌いな事から逃げず、今以上に努力していきます。三つ目は辛い事をしないと幸せになれないということです。私は、今はまだ、耐えられる位の辛い事なので、幸せになれないかもしれません。だから、もっと自分を追い込んで部活をしていこうと思いました。森田さんの話はほとんど部活で役立つような事で、先生がおっしゃっていたことと同じでした。今日の森田さんの話を忘れずに、大人になるまで、忘れずに実行していきたいです。

39)私は、森田さんの話を聞いて勉強になった事が三つあります。一つ目は、「何の為にこの世に生まれてきたか」です。その人にとってたった一度の人生の目的は、明るく元気に幸福に生きることだそうです。確かに人生というものは一度きりしかありませんが、苦しい時や、辛い時はどうするのだろう?と私は思いました。
すると、森田さんは、苦労した者ほど運が良くなる。と考えているそうです。二つ目は、感謝の心を大切にするということです。相手にとっては小さな事かも知れないけれど、自分にとって、少しでも「うれしい」「助かった」などと思うことがあれば、すぐに声に出して「ありがとう」と伝えることが大切だと思いました。
三つ目は、努力し続けるということです。勉強、スポーツ、さまざまな事で「出来る人」「苦手な人」の差が出てくると思います。その結果は、自分が努力し続けた数です。1日にたった1%の努力をするだけで、努力をしなかったこととの差が7倍にもなって、100日後に自分にふりそそいできます。私も出来ない人などはいないと思いますので、努力すれば、必ず出来ると思うので、1%の努力を頑張ります。

40)自分が今、生きているのは、親や先祖が一人残らずいたからだと、改めて考えました。10代さかのぼるだけで、2046人の先祖がいるとは、びっくりでした。ほとんど毎年墓参りをしているけれど、そんなに大勢に手を合わせているとは知りませんでした。楽しいと思えたりすることも、先祖のお陰でもあるから「ありがたい」と思えるようになりたいです。また、1%の努力をする人と、1%の手抜きをする人の差が100日で7倍というのも初めて知りました。私も、少しのふんばりが出来る人になりたいです。それに考え方も明るく持ちたいと思いました。指の伸び縮みは、すごく驚いたし、すごく影響が深いと分かりました。それに、明るく考える方が、人生も楽しくなりそうで良いなと思いました。「何事も運が良くなるチャンス」と思えば、それだけで気分が明るくなるし、何でも積極的に出来そうだと思いました。私は、今日から、トイレのペーパーの三角折から始めて、どんどんプラスな事をしていきたいと思います。そして、身の回りのことに常に感謝できるように、なりたいと思いました。

41)僕が、モンテカルロの創業者、森田塾代表 森田浩市さんの話を聞いて、とても勉強になったことがあります。それは四つあります。一つ目は、学生時代は社会人に成る準備期間、苦労に耐える、努力する、明るく生きる、協力し合える人になる、社会人のルールを身に付ける、勉強しておくという言葉がとても、勉強になりました。理由は、学生時代は、社会人になる為にとても必要な準備期間だというのが、改めて分かったからです。二つ目は、1%の努力と1%の手抜きの差は100日で7倍になる(1%の苦労、努力、良い習慣勉強が人生を変える)という言葉が勉強になりました。理由は、7倍もの差になるのだったら、手抜きをしないようにしようと思いました。三つ目は、心は一つ、心をプラスに使い、エネルギー一杯に生きる、常に明るく、良い心遣いと行動、良い事(プラスの事)を思うことの大切さ。心のコントロールの達人になるという言葉が勉強になりました。生きる大切さが改めて分かりました。


3年生

42)森田さんの奥さんの朗読を聞いて、上手だなと思いました。沢山の方々のいる中で、かまずに読むだけでもすごいのに、聞き手を話の中に、引き込んでいるようでした。森田さんの話では、とても心をゆさぶられました。初めはどんな方かと思っていましたが、想像と全く違いました。森田さんの一言一言が僕に元気を
与えてくれました。まず「親からもらった100万円と、自分で汗水流して貯めた100万円は重みが違う」ということです。まさに、その通りだと思います。僕は職場体験で、お金を稼ぐ為に働くことの難しさを知りました。苦労をすればするほど、努力をすればするほど、人の差が生まれる。頭が良い人はそれだけ勉強しているのだと分かりました。1%の努力と1%の手を抜く人の差は100日で7倍になるということでした。そうやって考えると、やる気が出てきました。僕は、今日、考え方で人が変わることが分かりました。自分をコントロールすることは簡単なので、これから自分を良い方へ、良い方へとコントロールしたいです。森田さんの話は、とても簡単でした。すぐにでも出きる事が沢山ありました。気持ちが変われば、全てが
変わると思います。これから、自分を変えるために、あきらめずに、努力してきたいです。

43)今日、森田さんから「中高校生の成功哲学」についてのお話を聞きました。まず、初めに、森田さんの奥さんが「くもの糸」を朗読してくださいました。感情がこもっていたので、すごく分かり易かったです。次は、森田さん本人から自己紹介がありました。その中には「人生は明るく元気に幸福に生きる」という言葉が心に残っています。私も、そういう人生になりたいと思いました。また、話の中にあった良い習慣をするのは良い事だと思いました。考えた後、それを行動して、それが習慣になったということは良いことなんだと思いました。しかし、悪い事はすぐに止める、良い事はすぐに実行し、良い習慣を沢山作り、人格、人柄を良くすることが、幸福に生きられるのだと思いました。トイレットペーパーを三角に折ると幸せになると言っていましたけれど、私は、一時期ペーパーの三角折りにはまり、家でもやっていたけれど、1週間位で止めてしまいました。三角折は、使う人も、見た人も、すごく気持ち良いので、これからも、私はやっていこうと思いました。講演会の最後に、自分の利き手にプラスの言葉を言って、手を合わせると指が伸びていたのでびっくりしました。そして、マイナスの言葉をいうと、指が短くなりました。自分の心を変えられるのは自分だと思いました。何でも出来ると思えばできる。出来ないと思えばできない。ありがとうございました。

44)まず、森田先生の奥さんの朗読が、かまずに読んでいたので、すごく上手いと思いました。森田先生の話を聞いて、勉強になったことは「1%の努力と1%の手抜きの差は100日で7倍になる」というのが、一番勉強になりました。今まで、そんな事考えたことはないけど、計算してみると本当に7倍になっていたので、すごいなあと思いました。僕は、何事も継続できていなかったけど、この話を聞いたら、
何事にも、日々努力して積み重ねていこうと思いました。次に、これからは運の良い人になろうと思いました僕は、今まで、運とか占いとかを信じていませんでした。だけど先生は、運が良くなることを、ずっと続けて小さいお店から、大企業にしていきました。運が良くなる方法の一つ「人の喜ぶことをしてあげよう。社会の
役に立つ人になる」ということを、僕もしていこうと思いました。それと、僕は、人が知らない所(見てない所)で役に立っていきたいと思います。例えば、人が掃除していなかった場所を掃除したり、落ちているゴミを拾うなど、見えない所で、社会に貢献していきたいと思います。今日、森田先生の話を聞いて、自分の考えが、すごく変わったなと思います。僕も先生のように、小さなことを積み重ねていって、先生のように成功した人生を送っていきたいです。

45)僕は、森田さんの話を聞いて、運命は変えることが出来るということを知り、自分の運命をこれから変えていきたいと思いました。そして、大切にしていきたいことが、いくつかありました。まず、感謝の心を持つことです。「ありがとう」の気持ちを持つことで、人生を明るく元気に幸福に生きられ、運命も良い方に変わっていくと感じました。そして「ありがとう」の気持ちを持てば、不平の気持ちも少なくなるということを感じました。次に、1%の努力と1%の手抜きは、とても差がつくということです。たった1%の努力や苦労をするかしないかで、大きな差がつくということを知って、とても驚きました。だから、これからは、1%の努力や、苦労などを100%にプラスして、やっていけるように頑張っていきたいです。そして、運を良くすることも出来るということにも驚きました。素直に人の話を聞いたり、苦労したり、人の役に立つことで運を良くすることが分かりました。そして、話の中での「投げないボールは返ってこない」という言葉が心に残りました。良い習慣を作ることも大切だと感じました。この話の中で自分で今から出来そうな項目もいくつかあったので、実践していきたいです。最後に、心をプラスに遣うということも大切にしたいです。プラスに考えることで、自分の体をコントロールできるのは、すごいと感じました。今回の講演会で、成功哲学について、いくつも学ぶことが出来ました。これからの人生で、今日学んだ事を活かしていけるよう頑張っていきたいです。この度はありがとうございました。

46)今日「中高校生の成功哲学」の話を聞きました。初めに奥さんが「くもの糸」を読んでくださいました。次に森田先生からお話を聞いて勉強になったことが二つあります。一つ目は、「素直に人の話を聞き実行する人次に「知っていて、失敗するのと、知らないで失敗する人は、どちらが悪いか?」という質問で、当然知らなくて失敗する人の方が悪いということでした。その理由は、「失敗した理由が分からないからである」と聞いて、これは勉強面でも一緒だなあと思いました。ただワークをやって分からなかった問題を、適当に赤ペンで書いただけでは、やり方を理解出来ていないから必ず失敗します。話の通り「知らない事が一番怖い」と
いう言葉を改めて深く知る事ができました。二つ目は、「家を出る時は握手をしてから」という話についてです。私は、この話を聞いた時、ハットしました。その訳は、ふと思い出したのですが、お父さんが「行ってきます」と言って、握手を毎日していたなあと思ったからです。以前は「なんで、握手するんだろう?」と思っていましたが「良い習慣を作り幸福に生きる」ためなんだと初めて知りました。今度から理解できたので握手が出来ます。三つ目は、おまじないです。自分の利き手に「プラスの言葉」を言って、手を合わせてみると、指が伸びていました。反対の事を言うと指が縮んでいました。おどろくような、おまじないでした。プロになるには「1日3時間x365日x10年=プロの道」だそうです。やれば出来る。やらなければ出来ない。1%の努力で未来が変わる。そうおっしゃつたことを今後の人生に置き換えて生活し、社会で頼られる人になりたいと思います。必死でお話している森田さんを見て、私も「もう少し努力してみようかな」と改めて思いました。今回は良い経験をさせてもらいました。

47)森田さんのお話は、とても為になるお話でした。沢山メモをとらせてもらいました。森田さんは自分の人生を自分で造ってきたんだなあと思いました。歩んで来た道は、とても色々あったんだなあと思いました。全て良かったお話だったけど、やっぱり毎日、しっかり感謝することや、努力や苦労しないといけないし、人はあきらめないで、やり続けるとできることや、何事もプラスに考えていくことが大切だと勉強になりました。そして、人生は楽しく過していくことが一番大切だと思います。手を見て良い事を思うと指が伸び、悪い事を思うと縮んだので、びっくりしました。人は、気持ちや心次第でとても変わることが分かりました。心はコントロールすることが出来ることが分かったので、私もしっかりコントロールして何事も出来るとプラスに考えていきたいです。あきらめずに、挑戦していきたいと思いました。辛くても辛い事から逃げずにやりきれる人になりたいと思いました。そして、沢山「ありがとう」が言える人になりたいです。沢山感謝をして、素直に生きていると、きっと良い事があると思うので、しっかり自分の人生は自分で作れるようになり たいです。その他にも沢山のことを学べました。これからの生活に活かしていきたいです。

48)今日は森田さんに一度きりの人生を明るく元気に幸福に生きる方法を教わりました。その方法は、自分の意識を変えるだけで出来る事ばかりでした。私がこれからできそうだと思ったことは@感謝の心を持つことA不平を言わないことB手抜きをせず努力することC素直に人の話を聞き実行することD何事も「チャンス」と思って徹底努力することE辛いことから逃げないことF人の喜ぶこと、社会に役立つことをすることG良い習慣をつくることHあいさつをすることI健康のため、良いもの(日本食)を食べることJ「ありがとう」を沢山言うことK人の見えない所でも良いことをすることLハンカチを持つことM借してもらった場所はきれいにして返すこと。以上14個をこの1年で完璧にして私も森田さんのような生き方をしたいです。@〜Mのすべては自分のためであり、人のためであり、社会のためであり、地球のためであり本当に素晴らしいことです。多くの人がこのような生き方をすれば国はおもいやりあふれる平和の社会となるでしょう。そんな日がいつか来てほしいなと思いました。森田さんが教えてくれたことの中に「思想が変われば行動が変わる→行動が変われば習慣が変わる→習慣が変われば人格人柄が変わる→人格人柄が変われば運命が変わる・・・・という言葉がありました。私は今、自分自身の生き方を振り返って@〜Mにあてはまることは本当に少なかったです。こらからの人生はもつとよいものにしていくために、今日教えてもらったことを生かして生きたいです。そして私の夢を叶えて家族に孝行したいです。

49)今日の森田さんの話を聞いて勉強になったことが3つあります。1つ目は、人生の目的は、明るく元気に幸福に生きるということです。私は「ありがとう」や「ありがたい」を1日100回も言っていない気がします。だから、1日100回言える感謝の心を育てたいです。そして、友達や家族を大切にしたいです。2つ目に、運が良くなる人になることです。失敗して逃げ出したら運は良くならないけど、あきらめずに何事も運が良くなるチャンスととらえて徹底努力する人になれば、運が良くなると思います。辛いことから逃げずに辛いことが10こあると幸せになるので、辛くて苦しいことから逃げずに何事にも努力したいなと思いました。3つ目は、良い習慣を作って、幸福に生きることです。「思想が変われば行動が変わる→行動が変われば習慣が変わる→習慣が変われば人格人柄が変わる→人格人柄が変われば運命が変わる→運命が変われば思想が変わる」という言葉のように、1つが良くなればたくさんのことが変わっていくということが分かりました。だから、良いことはどんどん実行し悪いことはすぐ止めるように心がけたいです。今日の講演会でたくさんのことを学ぶことができました。本当にありがとうございました。

50)森田さんはとても苦労した方だなと思いました。私だったら森田さんみたいに苦労したら、人生は厳しかった、苦労だらけだったといいそうなのに、森田さんは「人生は楽しい、人生は簡単だ。上手くやれば、人生なんて楽しみほうだいだ。」とおしゃっていました。苦労が多かったと思う方なので、森田さんの口からああゆうふうに言っていたのは本当におどろきました。いつも怒っていたり、いつも悲しんでいたり、いつも人をにくんでいたりしたらマイナスの思考しかできないことが分かりました。ぎゃくに毎日笑顔ですごしたりすることが大切だと思います。考えてみると毎日気分のしずんだようにすごしているより、毎日楽しく笑顔ですごすほうが同じ時間をすごすならそっちの方が得だと思います。だから、私はこれから、毎日笑ってこれからの人生を生きてゆこうと思います。又、食物に感謝していただくことも大切にしていきたいです。私たちは、食物や食物を殺してそのものを毎日いただいています。食べる物に感謝することをこれまで以上に思うようにしていきたいです。トイレに行ったときはトイレットペーパーを三角におるように、これからしていきたいと思います。お忙しい中、坂中にこていただいて本当にありがとうございました。

51)今日の「中高校生の成功哲学」を聞いて、自分はものすごく損をしていたのだと気づきました。まず1つ目は勉強です。している人としていない人で100日間がすぎると7倍の差がつくことを知りました。そして自分の脳は200億円もするんだと分かりました。それを上手に使わないとサビついてしまいます。サビつかないように上手に使っていきたいです。そして2つ目はやればできると思わないとやっぱりできないのだと分かりました。例えば僕は野球をしているのですが「打ってやる」や「打てる」と思ったら良い結果がでます。しかし「打てない」と思ったら一歩ひいてしまうので打てません。人生もこうゆうことと似ているのだと思いました。今回の人生を明るく元気に幸福にさせるという意味が分かりました。資料や森田さんが話されたことなどを参考にしてこれからも頑張っていきます。今回はお忙しい中来てくださりありがとうございました。

52)今日は「中高校生の成功哲学」という本を出された森田先生の話をきけてとてもよかったです。この「中高校生の成功哲学」と言う本を読んだことがありますが、実現に話をきいてたくさんのことを学びました。その中でも「ありがとう」を言える人になるということはとても大切だと思います。今の社会がすばらしい社会になったのはたくさんの人のおかげだということを改めて感じました。何ごとも、心から感謝することがとても大切だということを学びました。これからは感謝の気もちを大切にしたいです。またやればできる、やらないとできないというのも、とても心に残りました。1%の努力をつみかさねればとても大きな力になり、1%の手抜きでとてもだめになってしまうこと、それが人生をかえることを理解できました。毎日1%、少しだけでも努力や苦労で全くちがう世界になることが理解できました。ぼくは野球をやっていて、今年は受験もあるので、1%の小さい努力を続けて力をつけていくようにしたいです。運が良くなることや幸福になるための習慣作りなど、今後の生活で必ず役立つものばかりだったので、今日教えていただいたことを今後は生かしていきたいです。自分の人生をたのしくいいものにするためにも、今回教えていただいたことを実行するようにしたいです。ありがとうございました。

53)今日の森田さんの話を聞いて印象に残ったことが3つあります。1つ目は命があることに感謝して動物達から食べるものをもらうので命にたいしても感謝することが大切だということです。「ありがとう」と言う言葉を言ったり、心の中で思ったりすると周りが明るく見えてきたりするからです。さらに今いる環境でも先輩たちが作ってきたものであるとか家にある物とかは家族が買ってくれて暮らしやすい環境になっているので色々な人やものに感謝したいです。2つ目は、努力することの大事さです。森田さんも成績があまりよくなかった方だったのに努力して勉強することによって勉強ができるようにというエピソードを聞いて僕も集中して努力することによってその技術などが向上していくことが分かったので、努力が出来る人間になりたいです。「やればできる」を合言葉に頑張りたいです。3つ目は、何事もチャンスやプラスに考える人が運が良くなるということです。僕は、与えられた宿題とか課題などを見てマイナスにとらえる時があるけど、それをプラスに考えればこの宿題をやれば自分の力につながるんだという風に何事もプラスやチャンスと考えていけば自分も楽しく幸せになるので実行していきたいです。今日教えてもらったことをこれからの生活に生かしたいです。

54)今回、森田さんの話を聞いて、ためになった事が三つあります。一つ目は、感謝の気持ちを大切にするということです。不平、不満を言わず、「ありがとう」と気持ちを育てる。食事の前と後には感謝をこめて「いただきます」「ごちそうさまでした」を言う。このように感謝するのを一日100回言う人になれば良いそうです。二つ目は、運を良くするには、必要なことがあるというものです。僕は、今まで、運は生まれつき持っているものだと思っていました。その為には、運が良くなる方法があると聞いてびっくりしました。苦労をすれば、するほど、人を喜ばすことをしてあげるほど、運が良くなります。「投げないボールは返ってこない」という言葉が心に残りました。三つ目は、良い習慣が幸福を呼び寄せるというものです。例えば人より先に挨拶したり、健康にすごさせてもらったり、「ありがとう」と沢山言ったり。などなど・・・・実行すれば、幸せになるそうです。今回のテーマ「中高校生の成功哲学」成功する為に必要なこと、それが沢山ありました。今日からでも実行し、人生で成功を修めたい。そんな気持ちになりました。森田先生、今日は、どうもありがとうございました。

55)今日は、森田さんの話を聞きました。奥さんは朗読をする人でした。今日朗読をしてくださったのは「くもの糸」という話でした。くもの糸は授業で習ったので、話の内容は分かっていたけど改めて聞いてみると、どんなに悪い事をした人でも、良い所は必ず一つはあるものなんだなあと思いました。自分の事だけ考えるのではなくて、回りの人の事も考えなくてはいけない、ということが分かりました。森田さんの話で分かった事は二つあります。一つ目は、努力は大切だということです。1%の努力をするかしないかで、大きく変わります。1%は小さいけど、積み重ねることで、大きな努力に変わります。だから、日々の努力は大切だと思いました。二つ目は、感謝することです。私は最近周りの人への感謝が出来ていないと思います。自分は沢山の人に支えられて生きているけど、それが普通だと思っていました。もし、「一人で生きていけ」と言われたら、多分無理だと思います。だから、日ごろ色んな人に支えてもらっていることを忘れず、日々の感謝が大切だと分かることが出来ました。森田さんは、それを普通にしていて、すごいと思いました。私も、見習いたいです。

56)今日の森田さんの話を聞いて印象に残ったことが三つあります。一つ目は、命の大切さです、僕たちは日々生きている魚、牛、鶏を食し生きています。僕も先祖代々、誰一人欠けることもなくいるから、今の僕がいます。なので、親にも先祖にも感謝をし、命を大切にしていきたいです。二つ目は、少しの努力の積み重ねで将来が明るくなることです。1%の努力と1%の手抜きの差は100日で7倍になるということを森田先生から聞き、びっくりしました。1%ぐらいの手抜きなら変わらないと思っていたけど、日々の努力だけで、そんなに変わるのだったら、もう少し家庭勉強を頑張りたいです。三つ目は、何事もチャンスやプラスに考える人が運が良くなるということです。僕は与えられた宿題とか課題などを見て、マイナスにとらえる時があるけど、それをプラスに考えて宿題をすれば、自分の力になるんだという風に、何事もプラスに考えれば、人生も明るく楽しく、生き生きとした未来になると信じて、生きていきたいです。森田先生は、これらを信じ、努力をしてきたから、今でも元気にしていると思います。そう考えると森田先生はすごいなあと、心の底から尊敬します。僕は最初「めんどうくさい」と思っていたけど、話を聞いている内に楽しくなりました。もっと聞きたいと思いました。今日の2時間で、森田先生がとても気に入りました。
坂中学校HPへ
坂中学校 PTAアンケート集計&感想文へ
坂中学校感想文 [1] [2] [3] [4]
講演会・学校関係感想文掲載一覧へ
kansoubu_annai.jpg