広島 森田塾|異業種交流・研修会を通じた人材育成
moritajuku131021.gif
広島 森田 塾|異業種交流・研修会を通じた人材育成
moritajuku131019.jpg
森田塾とはへ
代表挨拶へ
塾生募集へ
問合せ・アクセスへ
塾生の声へ
今後の例会予定へ
講演・セミナー
参加者の声へ
moritajuku131018.gif moritajuku131017.gif moritajuku131016.gif moritajuku131015.gif moritajuku131014.gif moritajuku131013.gif moritajuku131012.gif
Morita Juku Copyright 2008-2012
moritajuku131010.jpg
これまでの例会へ
森田代表ブログへ
輝いて生きる
森田くんの
部屋へ
moritajuku131009.gif moritajuku131008.gif
TOPへ
moritajuku131007.gif
森田浩市著
「日本人の為の
成功哲學」へ
nihonjinno_seikou.jpg
中高校生の成功哲学
アマゾンで見る
モンテカルロHPへ
moritajuku131005.gif
森田浩市著
「中高校生の
成功哲学」へ
moritajuku131004.jpg bana-tyukousei.jpg
日本人の為の成功哲學
アマゾンで見る
bana-nihonjin.jpg
森田塾は青少年のキャリア教育を応援しています
carrier_education.jpg moritajuku131003.gif
講演会・研修会/セミナー参加者の声
学校・PTA向け 033
廿日市立七尾中学校HPへ
講演会・学校関係感想文掲載一覧へ
kansoubu_annai.jpg
21)私は、良い習慣を身に付けて幸福に生きていきたいと思いました。森田さんは9つの良い習慣を身に付けていました。1つ目の明るく元気に挨拶を先手必勝。私は地域の人たちに挨拶はしているけれど、多分声も小さいし、その人より先には言ってないと思っているので、声を大きくして、自分から挨拶を頑張ろうと思います。2つ目の、健康が一番、体に良いものを食べる。私は、食事は毎日とっているし、運動もしているし、明るい心も持っているけど、睡眠がいつも取れていないので、きちんと早めに寝ようと思います。3つ目の「ありがとう」を沢山言う。ここは、あまり言ってないので、沢山言おうと思います。4つ目のトイレノのペーパー三角折では、私がトイレに入った時に三角折になっていたら、嬉しい気持ちになるので、私も、これからペーパーを三角折にしようと思います。

22)とても印象に残っていることは、まず1つ目は自分の脳は200億円もするということです。こんなすばらしいものをつかわないでどうするんだ!!と思いました。2億円のかちがはっきできるようにしたいです。そのためには日々の勉強をがんばります。次に印象に残っていることは、勉強が出来なかったということです。森田さんは、47人中40位と言う成績でしたが1度がんばったことで点数がのびたということです。100日の努力は手抜したときの7倍になるということを知りました。最後に印象にのこっているのは、どんなことでもいい風に考えるということです。自分に「私は出来る」といいきかせたら手がのびたことにびっくりしました。自分になにもかも自信をなくしていたら、からにとじこもってばかりでなにも成長しない。なので、たくさんのことに挑戦して少しでも成長できたらいいと思います。そしてこれからの人生に活かしていけたらいいと思いました。

23)これから人生を充実させるために、僕が実行していきたいことは、期待に応える。つまりチャンスをものにするということを、実行できるようにしたいです。でも人に期待されたり、チャンスが与えられるには、まず、努力することが大切だと思いました。森田先生の言葉に、努力は道を切り開くものとあったので、僕もこれから勉強、サッカー、を頑張り、苦労に耐えるという努力をしていきたいです。次に感謝ということを大切にして「ありがとう」という言葉を忘れずに、それと、普段自分が生きていけるということも、サッカーがやれるということなど、生活の中にある沢山の事に感謝したいことがあります。僕も、日々に幸せを感じて生きていきたいです。

24)私が、特に印象に残ったのは「1%努力する」のと「1%手を抜く」のとでは、100日経ったら、ものすごい差ができるということです。このことから、少しでも力を抜かず、人一倍努力することで、結果的に良いものになるということを学びました。私は陸上部で、100mを走る時、最後に力を抜いてしまいます。いくら疲れていても、少し頑張れば成果は必ずでると思うので、最後まで力を抜かず、この講演のとおり、残りの「少し」をがまんして頑張っていきたいです。この他にもトイレに行って、トイレットペーパーの先を三角に折ったり、「ありがとう」を沢山言ったりするなど、良い習慣を沢山つくっていきたいです。

25)この講演を聞いて、印象に残った言葉は、1%の努力と1%の手抜きの差は、100日で7倍になるというところです。勉強とかでも、一日一日の努力が、必ず結果につながると信じて、毎日努力を積み重ねていきたいと思います。手抜きをするのは楽だけれど、楽をせず、苦労して、良い人生にしていきたいです。感謝の言葉「ありがとう」をこれから、どんどん言い、良い習慣をつくって、幸福に生きたいです人生を明るく元気に生きるかどうかを決めるのは、自分なので、自分が出来る事を実行していきたいです。

26)私は、絶対にネガテイブにならないようにしたいなと思いました。なぜかというと、ネガテイブになると気分が落ち込むし、人生楽しくないからです。分かった事は、1%でも努力しなかったら、すごく差がつくということです。それを自分と重ねてしまいました。部活でも少し手を抜いてしまうと、皆とすごく差がつきました。勉強も手を抜いてしまうと、テストの点数が悪くなりました。このように、これからは1%でも、絶対に手を抜かずに、努力をしてコツコツと頑張っていき、毎日をポジテイブに考えて頑張って自分の人生を充実させていこうと思いました。

27)僕は、今まで優秀で学歴が無い限りは、就職は非常に難しく、困難な生活があるものだとばかり思っていました。が、今回の講演会によって、その考え方は、正しくないということが分かりました。実際に今回、学校に来ていただいた「森田先生」は高校卒で、大学には行っていないにもかかわらず、会社の社長になったということで、とてもびっくりしました。このことから、僕がこの講演で学んだことは、自分にとって、不得意な事があっても、一度失敗してもあきらめない限り、人生に道はあるということです。この「あきらめない限り、失敗はない」という言葉が今回の講演で、一番印象的でした。これからの人生は、非常に長い道ですが、今回の話を参考にして、生きていきたいです。

28)印象に残った言葉は「1%の努力と1%の手抜きの差は、100日で7倍になる」という言葉です。たった1%だけど、毎日の積み重ねは大切だと思いました。そして、人は努力すれば、あきらめなければどのようにも良くなるということも分かりました。辛くても、辛い事から逃げず、努力したいと思いました。私は、日頃、習慣について意識したことはありませんでしたが、良い習慣を沢山作りたいと思いました。「ありがとう」も沢山人に伝えたいし、掃除も今まで以上に、丁寧にしたいと思いました。良い習慣は、自分も気分が良くなると思うので、自分の為のも、人の為のも、気付いたら行動したいです。

29)これからの、自分の人生で活かしていきたいことは「良い習慣を作り幸福に生きる」ということです。でも、いきなり変えることはできないと思うので、「少しずつ」まずは思想を変えていきたいと思います。そして、最終的には人柄を良くして、運が良くなるとうにしたいです。自分を変えるのは今からでも遅く
ないと思うので、しっかりと取り組んでいきたいと思います。私はまず、「ありがとう」を1日50回言える人になりたいです。印象に残った言葉は「1%の努力と1%の手抜きの差は100日で7倍になる」です。毎日少しずつの努力をするのは確実に伸びていくけれど、手抜きをする人はどんどん下がっていくので、このような差ができるのは納得できます。でも、100日で、7倍もの差ができることは、とても驚きました。私は、毎日1%の努力をして、どんどん伸びていけるようにしたいと思います。

30)話を聞いて、自分の生き方に活かしていきたいことは、三つあります。一つ目は、挨拶をすることです挨拶はあいさつでも、元気よく、相手が気持ち良くなるような挨拶をしようと思いました。二つ目は、何かしてもらったり、嬉しい時には、必ず「ありがとう」ということです。(心の中ではありがたいと思う)「ありがとう」と言える人は、幸せになれる。と聞いて、これから心の中ででも、「ありがたい」と思い、感謝しようと思いました。三つ目は、10回失敗して、やっと一回良い事があるということです。いつも失敗が多いから「嫌だな・・・」と思ったりしたこともあるけど、それが普通で、全部が全部、思い通りにはいかないけど、その中で、少しは良い事がある。ということが分かりました。なので、失敗しても、何回も頑張ろうと思いました。

31)私が、お話を聞いて印象に残っていることは、1日に「ありがとう」を100回言う人になることです。私は、先生や友達には「ありがとう」をちゃんと言っていると思うけど、家族には、ちゃんと言えていないので、1日100回を目指して、小さな事でも「ありがとう」を言っていこうと思いました。また1%の努力と、1%の手抜きの差は100日で7倍になるということです。私は、たった1%の手抜きをして毎日過すより、毎日少しずつ努力して過した方が良いと思いました。だから1%の努力をしていきます。あと、心に残ったのは「投げないボールは返ってこない」ということです。良いことをすると自分にも良い事が返ってくる。逆に悪いことをすると、悪いことが返ってくると思います。だから人の役に立つ事を沢山したり、良い事を沢山していこうと思いました。

32)印象に残った事は3つあります。1つ目は、生まれてきた幸せです。私のお母さん、おばあちゃん、ひいおばちゃんがいたからこそ、私も生まれてきました。2つ目は「ありがとう」と1日に100回言う人になることです。今、私の中では、本当はあり難い事が当たり前になっています。でも、あり難いという思いを持ち、「ありがとう」と伝えることは、とても大切なことなんだなと、改めて感じました。3つ目は朝、目覚めることの幸せです。いつもは眠いから、起きたくないと思いながら起きるけど、これからは朝、目が覚めることに感謝しながら起きたいです。

33)素直に物事を受け止める。それが大事なんだと思いました。それが例え辛い事や、苦しいことでも受け止め、乗り越えていけば必ず成功するんだと思います。「心は体を支配する」確かに自分が叱られたりすると、気持ちが下がってしまい、体を動かすスピードが変わるなと思いました。自分は「気持ちの持ち方一つで大きく変わってくる」という言葉の意味が、やっと分かった気がしました。明日からは挨拶を先手必勝と思って言い、「ありがとう」や「ありがたい」を1日に100回を目指して努力する。この「ありがとう」はきちんと気持ちを込めて、感謝がきちんと相手に伝わるようにしていきたいし、この「ありがとう」は自分を成長させる為だと思いたいです。それと「耐える」大人になりたいです。

34)今日の話で、印象に残っていることが2つあります。1つ目は、「1日3時間x365日x10年」がプロの道ということです。これも新しい見方だなって思いました。が、その道を極めた者がプロと呼ばれる中で、やはり、プロになるということは簡単じゃないなと思いました。自分も将来何らかの形でプロになると思います。そんな時には、この言葉を思い出して、努力を怠らないようにしたいです。あと、もう1つ、本を書くときの「人の、3倍、5倍かかっても良い」というのも印象に残りました。初めてのことは、人より時間が掛かってもしょうがないけど、それでも、やり遂げようとする気持ちが大切だと思いました。

35)心に残った言葉は「明るく元気に生きること」「1%の努力と1%の手抜きの差は100日で7倍」「辛いx10=幸」「エネルギープラスとエネルギーマイナス」などの、沢山のことが心に残りました。私は、1%の努力をあきらめずにすることと、エネルギープラスとエネルギーマイナスの違いをよく考えて、実行していきたいです。そして、普段の生活の中で、不平を言わずに感謝の言葉をいっぱい言える人になろうと思いました。苦しさに負けずに頑張って、努力しようと思います。もた、希望を持った時に何があっても「あきらめない」ということを、絶対に忘れないようにしたいです。

36)これからの人生に活かしていきたい所は二つあります。一つ目は、一度失敗しても、あきらめないことです。森田さんは、独立に失敗しても、夢をあきらめずに、頑張ったことで、再び独立することが出来ました。このことから、僕も、テストや部活で、うまくいかなくなったとしても、不平を言わず、勉強や練習をして、頑張りたいと思います。二つ目は、心をプラスに遣うことです。なるべくマイナスの事を考えないようにして、プラスの心遣いと、行動をするようにします。自分が勉強して、机の周りにゴミなどが落ちていたら、自主的に拾うようにしたり、トイレの紙の三角折りなどをしてみようと思います。

37)私は、運が良くなる人は、プラス思考に考えるということ。また、「ありがとう」を言える人になるということ。今日森田さんが話してくれたことは、私にも、出来るような事が沢山ありました。例えば先手必勝の挨拶、相手に伝える大きな声や、「ありがとう」をちゃんと言うこと、自分が使った物や場所は綺麗にして帰る。など、私にも出来るような事ありました。このようなことを、明日から努力するときっと、森田さんのように、成功すると思うので、出来るように頑張りたいです。また、森田さんの話の中で、指の大きさが変わるというのが、すごく不思議でした。私は今日の話で、自分の人生を見つめ直して、これからの学校生活を、より良いものにしたいです。

38)1%の努力と1%の手抜きの差は100日で7倍になることが、よく分かりました。自分は水泳をしているので、1日1日の努力の積み重ねをしていきたいと思いました。また、苦労せずに、運が良くなる人なんていないことも知りました。努力や、苦労を多くした人の方が良い結果がでるのは、当たり前のことなので、改めて大事なことだと、感じることができました。また、できるだけ自分にとって、プラスの事を考えて、心をコントロールしていきたいなと思います。実際に指が伸びていたり、縮んでいたりしたので、心が体を支配するのは本当だと思いました。だから、これからは前向きに考えていきます。

39)森田さんの「苦労に耐える、努力する、明るく生きる、協力し合える人になる」という言葉と「辛いx10=幸、辛いから逃げない」という言葉です。私は、今、出来る事を精一杯、全力で頑張ろうと思いました。例えば、辛い事が10回あっても、それだけの幸せは必ずやってくることを知りました。森田さんは、学生時代、すごく勉強して200人中100人目という位置から、25番という結果を残しているので、私も、まずは勉強を頑張ろうと思いました。

40)私が、お話を聞いて心に残ったことは、「200億円の頭脳を活かす」ということです。人間の頭脳は200億円の価値があることを、初めて知りました。私は、脳みそを使わないので、さびついているなと思いました。私は、どちらかというと、明るい方だと思います。だから、これからプラスのエネルギーを
沢山だして、明るく生きたいと思いました。「きっと、努力すれば道は開ける。希望を持ち、あきらめるな」という言葉を信じて受験勉強に取り組もうと思います。
廿日市立七尾中学校HPへ
廿日市立七尾中学校感想文 [1] [2] [3]
廿日市立七尾中学校感想文 [1] [2] [3]