広島 森田塾|異業種交流・研修会を通じた人材育成
moritajuku132021.gif
広島 森田 塾|異業種交流・研修会を通じた人材育成
moritajuku132019.jpg
森田塾とはへ
代表挨拶へ
塾生募集へ
問合せ・アクセスへ
塾生の声へ
今後の例会予定へ
講演・セミナー
参加者の声へ
moritajuku132018.gif moritajuku132017.gif moritajuku132016.gif moritajuku132015.gif moritajuku132014.gif moritajuku132013.gif moritajuku132012.gif
Morita Juku Copyright 2008-2012
moritajuku132010.jpg
これまでの例会へ
森田代表ブログへ
輝いて生きる
森田くんの
部屋へ
moritajuku132009.gif moritajuku132008.gif
TOPへ
moritajuku132007.gif
森田浩市著
「日本人の為の
成功哲學」へ
nihonjinno_seikou.jpg
中高校生の成功哲学
アマゾンで見る
モンテカルロHPへ
moritajuku132005.gif
森田浩市著
「中高校生の
成功哲学」へ
moritajuku132004.jpg bana-tyukousei.jpg
日本人の為の成功哲學
アマゾンで見る
bana-nihonjin.jpg
森田塾は青少年のキャリア教育を応援しています
carrier_education.jpg moritajuku132003.gif
講演会・研修会/セミナー参加者の声
学校・PTA向け 034
廿日市立七尾中学校HPへ
講演会・学校関係感想文掲載一覧へ
kansoubu_annai.jpg
41)いつも、「感謝」の気持ちを持って「ありがとう」を言いたいです。家族や、友達に小さいことでも「ありがとう」と言えるようになりたいです。今では、当たり前になっていることも、初心に帰って1日に1つは絶対に言いたいです。2つ目は、素直に人の話を聞きたいです。「え・・」とか「でも」とかを言わずに、真っ直ぐに素直に受け止めて、自分にとってプラスになるようにしていきたいです。3つ目は努力することです。辛い事を10回すると「幸」になると教えていただいたので、テスト勉強とか運動などで、キツいなあ、もうやりたくないなあと思って、それを乗り越えていけるようにしたいです。そうしたら、テストでも良い点がとれると思うし、やっぱり自分にとって、マイナスになることはないと思います。明日から、一つでも、できるようにしていきたいです。

42)「心は体を支配している」という言葉が特に印象的でした。講演会の中で、手を使って、実際に検証してみて、とても良く分かりました。確かに「病は気から」という言葉があるように、自分の気持ちや考えによって、自分の体も変わっていくことを知って、驚きでした。それは、すなわち、自分の気持ちや考えによって、自分の運命や、人生までも変えてしまうということでした。そのお話を聞くと、すごく得をした気分になりました。例えば、部活動や委員会内で、うまく、いかないことがあって、意気消沈しそうになっているときでも、「ここを、乗り越えれば、きっと沢山良い事がある」とプラスに考えられるようになるだけで、今、頑張ろうと思えるし、同時に、より回りの事にありがたみを感じられると思います。私は、少し、うまくいかない事があると、どんどんマイナスの方へ傾いていって結果的に、投げ出しそうになることが多いです。だから、今日の講演会をきっかけに、辛い事をプラスに変換できる人になろうと思いました。また、普段から、挨拶や、ちょっとした心配りなどに、気を遣い、今、自分が生きていられる環境に感謝して、言葉で伝えていけるような人になりたいです。

43)私が、今日のお話を聞いて、印象に残った言葉は「投げないボールは返ってこない」という言葉です。例えば、「人の喜ぶ事をする」のでも、それをすれば、自分に良い事が返ってくるということなのか?と思いました。私は、この言葉にとても同感しました。これから、裏でブツブツ文句を言うことをしている
人、自分が、もし、そうなってしまったら、この言葉を思いだして、常に明るく、人の、社会に良い事をしようと思います。そして、自分の生き方に活かしていきたいことは、常に明るくプラスの心遣いをしていこうということです。今の自分は、暗くなったり、イライラしたりすることがあって、気持ちにムラがあるので、もう今から変えて頑張ってポジテイブにプラスで考えて行動していきたいです。そして努力することを抜かないで、本気で何事にもぶつかいきたいと思います。だから、まず、やる気を出してやってみようと思いました。頑張ってやりたいです。

44)お話を聞いて、私が今まで考えたこともなかったことを、森田さんは大切にしていらっしゃっていたので、びっくりしました。例えば、「ありがとう」を毎回100回言うや、明るく元気に挨拶をするなど、私たちは、1回2回くらいは挨拶していますが、森田さんは、もっと沢山元気に、素晴しい事をしています。私は、人の話を素直に聞きいれることが、あまりできないので、これからは素直に聞き入れようと思います。これから私は、何でもプラスに考え、自分をもっと良い自分にしていきたいと思います。そのために、今日教わったことを出来るだけ実行していきたいです。私は、特に「ありがとう」を100回言うことと、期待に応えることと、アイデアを出せる人になることを頑張りたいです。今日は森田さんに今まで知らなかったこと、ありえないだろうと思っていたことを、教えていただきました。これから今日教えていただいたことを、しっかりと覚えて、生活に活かしていきたいと思いました。

45)私は、森田先生の話を聞いて、辛い時も、プラスに考えて、自分をあかるくし、周りの人々に感謝していきたいと思います。挨拶は明るく出来ているけど、もっと周りの人に挨拶して楽しく何事もプラスに考えようと思いました。2046人の先祖がいて、私がいるということを自覚して、この先の未来のことを考えていきたいと思います。今は受験ということで、高校について、いろいろと悩んでいたけど、森田先生は、高校の時は、勉強は苦手だったと聞いて、びっくりしました。森田先生は、何事にもあきらめないで、行動してから失敗するのはよいと、おっしゃっていたので、苦手のことに、挑戦して、とにかく頑張ってみようと思いました。そして、一人でやるのが大切だと思っていたけど、いろいろな人と
協力し合うというのが、大事ということを聞き、班での交流の時間などを、もっと大切にしておこうと思いました。最後に中学校の時期がもっとも大切で、準備のためということを知りました。

46)特に印象に残ったのは、1%努力するということ。よく努力するというけど、なぜなのか、よく分からなかった。でも、具体的な数字を使ってみると、1%手を抜くのと、1%努力するのは7倍もの差がうまれる。つまり、人一倍の、努力でなくても、1%の努力だけでも成功できるということです。僕は、このことから、今からでも、1%ずつでも努力していこうと思う。今は、受験という人生にとって大きな試練がある。その受験で目標の高校へ行くためにも、今から、1%の努力を積み重ね、1%だけではなく、より大きな努力をしていきたい。今回の話は、今の僕にとっては、とても参考にしたい話でした本当に、話を聞けて良かったと思う。

47)きちんと、相手の事を尊敬し「OOさん」と「さん」付けで呼んでいきたいです。特に印象に残ったことは「辛いx10=幸」になるそうです。今は辛い事が沢山あるかもしれないけれど、きちんと日々の努力を怠らなければ、いつか幸せがやってくるということが、とても印象に残りました。それと「やれば、出来る・・」という言葉も印象に残りました。人間何事も、少し本気になってやれば、何でもたいていの事は出来るのだということが分かりました。私は、いつも、朝、地域の方々や、先生方が、登校中、立っていてくださっているのですが、いつも自分からではなく、相手が挨拶してくれたら返すというのが多いので、明るく元気に、先手必勝で、これからは挨拶をしていけたらいいなと思いました。
そして、きちんと「ありがとう」という感謝の気持ちを、いつも忘れずに過していきたいと思いました。

48)これらの全てのお話の中で、自分の生き方で活かせそうなことが、2つありました。1つは、挨拶です。挨拶は基本です。人と関われば絶対に必要だし、日常生活の中にも入っています。明るく元気に普段から挨拶することを、心掛けようと思いました。2つ目は、「ありがとう」を沢山言うことです。「ありがとう」も常に、どんな所でも遣うことが出来る言葉なので、日頃から「ありがとう」という言葉を遣っていきたいと思います。折角の一度きりの人生なので、「良い習慣を作り、幸福に生きる」ということを目指し自分の運命が、良い方向へいけば良いなあと思います。思想が変われば行動が変わり、行動が変われば習慣がかわる・・・といったように、こういうつながりって、人生の中でも良いことなので、こういう良いことをして、学生生活が終わって、社会人になった時でも、続けるようにしたいと思いました。

49)私は、少しの努力が大きな力になるということが印象的でした。1%努力した人と1%手を抜いた人では、少ししか違わないようにみえても、100日で、大きな差があると分かりました。私は小さな事で手を抜いている時があると思います。掃除でも、面倒くさい場所は、掃除しなかったり、ひとが嫌がる事も率先してすることもないし、人の役に立つ努力を何もしてこなかったと思います。だけど、これからは「投げないボールは返ってこない」というように、自分で努力しないと、なにも意味がないので、人の役に立てるようになろうと思います。あと、人が、自分と同じように困っていたら、自分より人を優先出来るような人になりたい。どんな苦労もチャンスだと思える前向きな人になろうと思いました。

50)お話を聞いて、印象に残ったのは、「感謝」と「ありがとう」の2つです。私たちが、今、いるのは命のリレーに参加しているからという、お話をされて、とても大切なことだと思いました。ひとり一人の命や家族などの愛があったからこそ、今、ここに居ることができるのだと実感することができました。「ありがとう」の言葉は沢山言うことによって、心を育てることが出来るのだと知りました。「ありがとう」を言うことによって、自分も相手も、清清しい気持ちになるので、必ず言うようにしたいと思います。今日聞いた事を活かしていき、「感謝の心を育て、ありがとうを言える人に」を目標にしていきたいです。そして、人生を明るく元気に幸福に生きていきたいと思いました。

51)悪い生活習慣を止め、良い生活習慣にしたいです。その為に自分から元気に挨拶をしたり、健康に気を付け、体に悪いものは食べず、栄養のある物をたべたり、人に「ありがとう」を何度も言いたいと思います。他にも、小さなことから少しずつ変えていきたいと思います。そして、もうひとつ、心は一つ。心をプラスに遣い、エネルギーいっぱいに生きる。常に明るく、良い心遣いと行動で生きるという点で、私は、どちらかと言うと、エネルギーマイナスの方なので、一度失敗したら、そこから悪い方へと考えてしまって、そうなったら、プラスの心に持っていけなくなっていました。でも、話を聞いて、良い事を思うことは、心の達人になると言われたので、これからは、失敗してもマイナスな感情を減らしてプラスの心遣いと行動が大事だと分かりました。そして、常に、自分なりに明るくしていきたいと思いました。今回お話を聞いて、本当に考え方が変わってきました。これからは、今回聞いたことを活かし実行したいと思いました。少しでも、これらの事が実現、達成出来るように意識して、これからの人生を歩んでいこうと思いました。自分の中で、特に頑張っていきたいのは、心のマイナスを減らすことです。

52)いつでも、感謝の気持ちを持って「ありがたい」「ありがとう」を沢山言えるようになろうと思いました。普段から少しずつ努力していくと、何日か後には大きな差が出るので、しっかり何事にも努力しようと思いました。良い習慣を作ると、良くなることが分かったので、掃除を積極的にしたり、身体に良い食事や、睡眠、運動をしていこうと思いました。また、マイナスな考え方をせずに、プラスな考え方をしていこうと思いました。社会人として働く時は、仕事を大切にして、期待にきちんと応えられるように努力していかないと、いけないと思いました。

53)印象に残った言葉は、自分の思ったことは、身体に現れるという言葉です。理由は手にマイナスの言葉をかけると、指が縮み、良い言葉をかけると。指が伸びてしまうことが面白かったし、驚きました。また、実行するかしないかは、自分の心が決めるという言葉です。理由は、人に何かしろと言われたところで、それを、やるか、やらないかは、人が決める事ではなく、自分自身が決めることで、また、それをやらないと決めれば、自分の人生はダメになるということが、分かりました。その他にも、一回しかない人生は、自分で決めるという言葉です。自分の人生を楽しく、幸せと思えるようにするには、自分の気持ちで、決めていくことが大切だと、分かりました。

54)印象に残ったのは、心と身体がつながっている実験をしたときに、指が伸びたり縮んだりした時です。心のバランスがくずれると、身体もくずれてしまうことが、よく分かりました。自分で働き、汗水流して稼いだお金は、大きな喜びに包まれていて、とても、貴重なものなのだと思いました。森田さんが幸せに生きていると、若々しくいられることを、森田さんは、体験しているように、僕も、人を喜ばせたり、信頼しあったりして、幸せになれるために努力して、一度きりの人生を楽しく生きられるようにしたい。

55)印象に残った言葉は、「思想が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人柄、人格がかわる、人格が変われば、運命が変わる」という言葉と「心は、体に影響を与える」という言葉です。特に、1つ目の言葉は、ちょつと考え方を変えるだけで、運命が変わるということは、自分で意識すれば出来る事なので、これからの生活を考えていきたいと思います。覚えておこうと思ったことは「1%の努力と1%の手抜きの差は100日で7倍になる」ということです。私は陸上部で走っているときに、最後疲れたからといって、ちょっと手を抜いてしまうことがあるけど、そこを、もう少し頑張って努力をしようと思いました。

56)森田浩市さんの言った言葉で、とても印象に残った言葉は「成功するまで、あきらめなければ失敗はない」という言葉です。これから私は、この言葉を信じながら、何事も取り組もうと思いました。そして森田さんがおっしゃった運が良くなる人を目指す為に、したら良い事や、良い習慣を作り、幸福に生きるためにすること、また、200億円の頭脳をしっかり活かして生きたいと思います。他にも、森田さんがおっしゃった事は、全て、これからに活かしていきたいと思います。エネルギープラスの「明、善、愛、信、健、美、与」をしっかり覚えて、プラスの心遣いと行動をしようと思いました。社会人として働くときも、今日教わったことを、将来しっかりと、活かせると思うので、覚えておきたいです。

57)私が、お話の中で、一番印象に残ったお話は、「運が良い人になるためには、素直になる」というお話でした。私は、自分が思っていることと、先生が言ったことが違うと、素直に言われた通りにすることができませんでした。それで、失敗することが多かったです。だから今回、森田先生のお話を聞いて、やっぱり、素直にならなきゃあいけないな・・と思いました。人の言うことをしっかり聞きながら、自分の意思もしっかりと持てる。そんな人になりたいです。他にも、手に言葉をかけると、指が伸びたり、縮んだりすることには、驚きました。プラスの言葉である「明、善、愛、信、健、美、与」は、これから生きていくなかで、一生忘れられない言葉になると思います。常に明るく元気よく生きることは、難しいことかもしれないけれど、森田先生のお話を、思いだそうと思いました。

58)私が、お話の中で、とても印象に残ったのは「命のリレーに参加する」というものでした。子供を産まなくてもいいや・・・という考え方を改めさせられた内容でした。10代さかのぼったら、私には、2046人の先祖がいるということを知って、私は、子供を産んで、その子供にリレーのバトンを渡さなくてはとならないと、実感しました。また、プロへの道は、1日3時間x365日x10年という長い道のりなので、頑張っていきたいと、思いました。

59)僕は森田さんのお話を聞いて、自分の先祖は、2046人もいることが分かり、一人でも欠けていたら、僕が生まれていなかったことが分かったので、先祖の方に感謝して、命を大切にしたいです。そして、1%の努力と1%の手抜きの差が100日で7倍になることが分かったので、勉強、部活、どちらも前向きに取り組みたいです。それから、楽しく生活するためには、良い習慣を作ったり、200億円の頭脳で、いろいろなアイデアを出すことが大切だと分かったので、森田さんのように「明るく元気に挨拶」「ありがとうの感謝をする」ことを、これからの学校生活に意識して取り入れていきたいと思い
ました。その他にも、社会人として、働くには、どんなことが大切かを教えていただきました。将来の、就職する前に、活かしたいと思います。

60)私が印象に残った言葉は「辛い事から逃げるな」と「ありがとうを言える人になる」です。苦労した人が運が良くなる。辛いx10=幸。などを聞き、辛い事から逃げずに立ち向かい、経験したことから学んで、私も、辛い事を幸せに変えられるような人になりたいです。そして食べることへの「ありがたさ」
を感じ、人にも、物にも「ありがとう」をきちんと言える人になりたいです。これから、受験があったりするので、今まで以上に勉強を1%多く努力をし、100日後には、7倍の差をひらけるように、もっと頑張りたいです。学校でもやっている、大きな声で、挨拶をしたり、時間いっぱい掃除する。などの「当たり前を徹底する」ということは、将来、社会人になってからも、大切だということが、森田さんの経験からも分かったので、私も気を抜かず、当たり前の事が、当たり前に出来る人になりたいです。
廿日市立七尾中学校HPへ
廿日市立七尾中学校感想文 [1] [2] [3]
廿日市立七尾中学校感想文 [1] [2] [3]